FC2ブログ

猿之助さま。

ちょっと前になりますが、みどり市のながめ余興場で開催された
「ぐんま文化遺産芸能舞台」を観に行ってきました。
今回初めてこの舞台を踏むという、
ゲストの市川猿之助をみたいというのが最大の目的♪
しかもチケットが¥2,000という信じられない安さ!
これは行くしかないでしょう。
市川猿之助は、NHKのドラマ「」大仏開眼」で、
玄昉という僧侶の役をされているのを見てからの隠れファンなのです。

第一部のぐんまの郷土芸能を観覧後、第二部が猿之助のトークと素踊り。
トークで猿之助さまが現れた瞬間、びっくりするほどのオーラなのでした。
本人の周りが本当にピカピカ光が瞬いてる感じ。
会場のおばさまからも黄色い悲鳴が飛び交いました。
トークのあとに素踊りを披露したのですが、力強くもしなやかで繊細。
その美しさに見とれ、瞳孔が開きっぱなしのひとときでした。
   猿さま
私は花道側の二階席からみていたのですが、
上から見下ろす後姿も光でピカピカしていました。
第一線で活躍されている方は、違う…違いすぎる!
一緒に行った友人とキャーキャー言いながら、
うっとりふわふわした気持ちを抱いて帰ってきたのでした。

お守り
そして「スーパー歌舞伎・空ヲ刻ム者」公演の際、記念に作られたというお守り。
パワーをお裾分けしてもらいたいと思い、つい買ってしまいました。
「愛」という字は猿之助さまの直筆を彫ったものだそうです。

歌舞伎役者は、体調不良程度では休む理由にならず、
病気は自己管理の欠如とみなされるとのことでした。
華やかな表舞台の裏側は、厳しい自己との闘いであるのですね。
今でもあの光をまとった姿を思い出すと、ため息が出るよう。
本物をライブで観るというのは、イイ刺激を受けますね。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

飯塚裕子

Author:飯塚裕子
イラスト&デザイン i-vory代表。
イラストやデザインのお仕事の他に、たまに粘土で七福神をつくります。
三遊亭圓馬上州あかぎ後援会事務局。
NPO法人高崎ネットワーク・常任理事
群馬県デザイン協会所属
しし座・AB型・♀
※お仕事のお問い合わせは、コメント欄にお願い致します。(非公開設定にできます)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索