FC2ブログ

あの世の話

看板業のKさんに、同業者のある営業マンが突然死したという話を聞いた。会社に無
断欠席していたので社長が自宅に訪ねてみたら死んでいたという。40代で独り暮らし
だったらしく、死因はまだわからないという。ひとりぼっちで死んでいくのはとても
切ないものだ。
そんな話をしていたら、Kさんは今までに何度も死にそうな目に遭っていると言って
いた。その度に、幽体離脱やら三州の川を見たりしているらしい。それでもあちらに
行かずに戻ってくるのは、生に対する思いがまだまだ強いということなのだろうか。
いや、神様がまだ修行が足りないと受け付けてくれてないのかもしれない。いずれに
せよ強運の持ち主であることは間違いない。
いつかは誰にでもくる終焉のとき。後悔のないように、自分自身を全うするしかない
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://carrotplan.blog26.fc2.com/tb.php/50-52303fcc

Comment

ち | URL | 2006.06.30 00:54 | Edit
v-421v-282
ゆう | URL | 2006.06.30 06:08
こんなことをブログに書いたら
昨日また訃報が!
季節の変わり目はバランスを崩しがちです。
お互い健康管理に気を配りましょ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

飯塚裕子

Author:飯塚裕子
イラスト&デザイン i-vory代表。
イラストやデザインのお仕事の他に、たまに粘土で七福神をつくります。
三遊亭圓馬上州あかぎ後援会事務局。
NPO法人高崎ネットワーク・常任理事
群馬県デザイン協会所属
しし座・AB型・♀
※お仕事のお問い合わせは、コメント欄にお願い致します。(非公開設定にできます)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索