FC2ブログ

間違い電話

ある日の夕方、見知らぬ番号から電話がかかってきました。
番号からすると携帯ではないよう。

「もしもし?」と出ると、
「もしもし…」と、消え入りそうなおばあさんの声。続けて、
「○○ちゃん?またかけるからいったん切るね…」と言うと、
「??あの…」とこちらがいう間もなく電話は切れました。
すると数十分して、また同じ番号から電話がかかってきました。
「あの、間違いだと思いますけど」と言うと、
「そうですか」とおばあさんは言って、切れました。

すると次の日の夕方、また同じ番号から電話がかかってきました。
「昨日も電話もらいましたが、間違いだと思いますよ」と言うと、
「そうですか」とおばあさんは言って、切れました。
番号から察すると、山梨県の方からのよう。

そのまた次の日の夕方、また同じ番号から電話がかかってきました。
相手がおばあさんだけにさすがに不気味になり、電話には出ず無視しました。
テレビの“本当にあった怖い話”の再現VTRでこんな話あったな。
あの世からの電話だったらどうしよう~

電話を無視したら伝言が入ってました。
「プルルルル…プルルルル」というプッシュ音ではなく、ダイヤル回線を回す音。
このダイヤルを回す音が、不気味さに拍車をかけます。
そしたらまた続けて電話が鳴り、また留守電に伝言が。すると、
「ゆうちゃん?悪いけど折り返し電話くれる…?」
ゆうちゃん??ひええ~、やっぱり私あての電話~??

またかかってくるかもと思い、思い切って折り返し電話をしてみました。すると、
「もしもし?」と明るいおじさんの声。間違い電話が連続でかかってきてると伝えると、
「すいませ~ん、ウチのばあさんボケちゃって。私のとこにもよくかかってくるんですよ~。
またかかってくるかもしれませんが、勘弁してください」

おばあさんはこのおじさんと間違えて私に電話してたのかな?
このおじさんがゆうちゃんと言うのかしら?
同じゆうちゃんと呼ばれる私にかかってくるなんて、なんて偶然!
しかし相手が私だからよかったようなものの、
怪しい人に間違ってかかっちゃったら、オレオレ詐欺の対象にされないかな…?

山梨のどこかに住んでいる見知らぬおばあさんに、
あれこれ思いを巡らせてしまいました。
これもひとつの出逢いなのでしょうか?
それにしても霊現象じゃなくってよかった~。


people_043_1.gif




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

飯塚裕子

Author:飯塚裕子
イラスト&デザイン i-vory代表。
イラストやデザインのお仕事の他に、たまに粘土で七福神をつくります。
三遊亭圓馬上州あかぎ後援会事務局。
NPO法人高崎ネットワーク・常任理事
群馬県デザイン協会所属
しし座・AB型・♀
※お仕事のお問い合わせは、コメント欄にお願い致します。(非公開設定にできます)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索