FC2ブログ

さいたまるしぇ

さいたま市の「食」の情報サイトがスタートしました。その名も『さいたまるしぇ』。
さいたま市の「食」を通じ、地域の活性化・観光振興を図り、
ブランド化を推進する事業だそうです。
この企画は昨年春頃から持ち上がり、一時保留になるなどしましたが、
いよいよ動き始めたようです。

この企画はEスタヂオという会社がさいたま市と連携し、少しずつカタチにしてきました。
Eスタヂオの社長さんは、私が長くお世話になっている友人の登美枝ちゃん。
そうです。バリバリの女社長さんです。カッコイイ!
そんなご縁もあり、今回この事業のロゴマークを作成させていただきました。

  さいたまるしぇ

私は出身がさいたま市なので、こんなカタチでもと地元に関われてウレシイです。
先日マツコ・デラックスの番組で、埼玉県がなんだかんだといじられていましたが…
私は好きです。大好きです。さいたま!

今週末プレイベントとして、「浦和ビアフェス2012」にも参加するようです。
今後、某芸能人も巻き込む予定だとか??
詳細は以下のHPをご覧くださいね!

●さいたまるしぇ
http://www.saitamarche.info/

スポンサーサイト



また

P1010685.jpg

こんな本買っちゃったわ。

よくわからないけど、かなりスゴイ!

仕事で一緒になる東京の友人の友人が、すごい賞をとったらしいです。
「journeys award」という、ルイ・ヴィトン主催のショートフィルムコンテストで、
審査員グランプリだそうです。
なんと、ベネチア国際映画祭で招待上映されるそう。
http://www.journeysawards.com/en_US/
↑ここをクリックすると、映像が見られます。しかし、全部英語です。
左側の日本人の方の作品。
友人の友人は、この作品の映像監督さんだそうです。

それにしても…チャレンジし続けることによって、道は開けるのですね。
私も刺激受けました!

上野村フェスティバル

お友達が広告チラシを作成したとのことで、
一緒に「上野村フェスティバル」に行ってきました。
上野村は、下仁田ICから更に23kmほど山奥に入った村。
同じ県内なのに、改めて遠さを感じてしまいました。

P1010680.jpg
このイベントは、上野村の木工作家さんの作品を展示・販売するもの。
森の中での開催なので、森林浴もしながらかなり癒されました。
ほどほどの来場者なのが、このイベントの雰囲気に合ってます。

P1010681.jpg
すぐ近くに「不二洞」という、関東一の規模を誇る鍾乳洞があります。
会場から不二洞に行くためには、高さ90m・長さ225mの吊り橋を渡らねばなりません。
近頃高所恐怖症気味なのでどうかなと思いましたが…結構揺れます!
その上子供たちが面白がって、わざと揺らしてました。
でもその壮大な景色は、一見の価値大アリです。

売店で入洞料を買ったあとは、ちょっとした山登りです。
入口にようやくたどりつき、ドアを開けるとまたもや真っ直ぐな登り坂。
更に鍾乳洞の中は、登りのらせん階段が続きます。
お年寄りが不二洞に行くには、覚悟が必要かもしれません。
中年女ふたり、予期せぬサバイバル状態で思わず笑いが出てしまいました。


神話にハマる。

お仕事でヤマタノオロチを描く機会がありました。
それをきっかけに日本の神話について深く知りたくなり、
「知っておきたい日本の神話」(瓜生中著・角川ソフィア文庫)という本を購入。
これが面白い!
今まで漠然と名前だけは知っていた神様たち。
それらの誕生や繋がり、国を治めていくまでの活躍…
まさに点が線になったという感動。
もともと神様好きなので、ワクワクして読めました。

  oroti.jpg

特に感激したのは、ヤマトタケルとオトタチバナヒメのお話。
渋川市北橘町にこの夫婦の悲しい伝説があります。
夫婦で東国遠征中、ヤマトタケルの身代わりになり、
海に身を投げ海神を鎮めたというオトタチバナヒメ。
タケルはその後も遠征を続け、ちょうど現在の碓氷峠に差し掛かった頃、
遠くに見えた海を目に、亡き妻を想い「吾妻はや(我が妻よ!)」と嘆きました。
これにちなみ、碓氷峠より東は吾妻国(東国・あずまのくに)と呼ばれるようになったそうです。
現在も群馬県には吾妻と言う地名が残ってますね。

ムムムッ!知るって感動!歴史って深くて面白すぎる!

プロフィール

飯塚裕子

Author:飯塚裕子
イラスト&デザイン i-vory代表。
イラストやデザインのお仕事の他に、たまに粘土で七福神をつくります。
三遊亭圓馬上州あかぎ後援会事務局。
NPO法人高崎ネットワーク・常任理事
群馬県デザイン協会所属
しし座・AB型・♀
※お仕事のお問い合わせは、コメント欄にお願い致します。(非公開設定にできます)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索